現代の胃カメラ事情とは

胃カメラと聞くと、やりたくない、こわいといったマイナスのイメージがつきものです。まだ医学がそこまで進歩していないときには、喉を通してカメラを胃まで到達させて中を見ていたので、それまでの段階で気持ち悪くなったり、終わった後に体調を崩してしまうという方もいたほどです。しかし今はいろいろと進歩してきたために、そういった不具合がなくきちんと診療できるようになりました。軽く麻酔をしたり、鼻からもっと細いものを入れて見れるようになるなど、かなり受ける人の負担を減らすような改良がされてきました。人間ドックなどの健康診断には胃カメラは欠かせないことですし、こわいからといって何か病気が隠れていたら大変なことです。今の技術を信用して、ぜひ一度トライしてみてはいかがでしょうか。気づいたら終わってるなんてこともあるかもしれません。

胃カメラには、いろんな種類があります。

胃カメラは、とても簡単で痛くない治療が出来ます。昔ならバリウムを飲まないといけないですし、人間が回転をしないといけないバ-ジョンもありますが、一度でもゲップをしてしまえばやり直しをしないといけないので、何がなんでも我慢をすることが大切になります。口の中に入れる分は、オェッとなる時がありますから、麻酔などをして、寝ている間に終了することがあります。一瞬のうちに結果が分かるようになっています。さらに最新のやり方では、小型のカメラを飲み込むだけで、普通の生活が出来るようになっていますが食事制限がありますから、その間だけは、我慢をすることが必要になります。数時間の間に、どんどん撮影していますから、あっという間に痛みがなく出来ますから、安心出来ますし、薬を使えば、機械も自然に出てくるので、気持ちがスッキリします。

胃カメラの検査は肩の力を抜くことが大切

胃カメラというと、自分の体調以前に検査自体がとても辛いというイメージが先行してしまいます。単純に考えると、口からカメラを入れるわけですから、そのように感じてしまうのも当然のことなのかもしれません。そして、検査に対して何とも思わない人と苦手意識を持っている人がいることも事実です。この検査に対して、辛くないようにするコツは、肩の力を抜くことができるかどうかです。とても簡単なことのように感じるかもしれません。しかし、苦手意識を持っている人は、肩の力を抜こうとして、逆に肩に力を入れてしまうことも多いようです。特に始めての場合には緊張することもあってリラックスした状態で検査を受けるのは難しいと言えます。そのような場合には、より楽に検査を受けることに配慮した病院を探してみるのも、ひとつの手段と言えます。

他のクリニックよりも割安な特別料金でさまざまなサービスを提供し、満足いく診察内容を提供しているので是非お越しください。 日本人で増加している大腸がんに対し、ポリープを発見することで事前に予防をして、健康を維持する実績を持ちます。 胃腸内科・消化器内科・総合内科・循環器内科・呼吸器内科・漢方内科・アレルギー内科の診療ができます。 胃カメラでの検査ならたまプラーザ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*